酵素とは。腸内環境をよくするために取り入れるものは?

酵素とは。腸内環境をよくするために取り入れるものは?

酵素は、生物が生きていくために欠かせないものです。
しかしながら、年齢を経ると体内で分泌できる酵素の量は減少するといわれています。
体内の酵素の働きを助けるものを食生活に取り入れ、腸内環境を整えてインナービューティを目指しましょう。

目次

酵素(エンザイム)とは

ヒトをはじめとする生物は、取り入れた食物をエネルギーとして使うときに、細胞の中でさまざまな化学反応を起こしています。

酵素(エンザイム)は「触媒」と言って、化学反応を促進する働きを持つ物質で、人体内では消化酵素や代謝酵素が働いています。

一般的に、体内のような常温という環境では化学反応が起きにくいのですが、そのような環境で化学反応が起こるのは、それぞれの化学反応で酵素が働いているからです。
つまり、酵素は、生物が生きるために必要な、摂取した食物を消化・吸収・分解・排泄する際に不可欠な物質なのです。

酵素の種類と働き

酵素
ヒトが利用している酵素はたくさんありますが、その働きで大きく分けると消化酵素、代謝酵素、食物酵素があります。

消化酵素

消化酵素としてよく知られているのは唾液や胃液・膵液ですね。
唾液にはデンプンを分解するアミラーゼ、胃液にはタンパク質を分解するペプシン、すい臓で分泌する膵液には脂肪を分解するリパーゼという消化酵素が含まれています。

代謝酵素

代謝酵素は、消化酵素が体内で使える形にしたエネルギーを、体の隅々で活用するために働く酵素です。細胞一つ一つに働きかけ、新陳代謝の手助けをしています。

食物酵素

もともと体内にある消化酵素や代謝酵素以外に、ヒトが利用しているのは食物酵素です。
食物酵素は食べ物に含まれており、体内で消化を助ける働きがあります。

しかし、体が酵素を作り出す量は限られている

摂取した食べ物を消化吸収するために酵素が不可欠なのは見てきた通りですが、ストレスや不規則な生活習慣、偏った食生活などさまざまな要因が酵素を消耗させてしまうといわれています。

また、体内にある酵素は年齢を経て減少すると言われています。

腸内環境をよくするために、酵素・酵母を外から取り入れる

腸内環境をよくするために、酵素・酵母を外から取り入れる
体内酵素の働きを助け、腸内環境をよくするために、消化を助ける食物酵素や発酵食品の力を借りましょう。

食物酵素は、生野菜や果物、お刺身など加熱調理をしていない食品に含まれています。

醤油や味噌、日本酒などの麹菌による発酵食品は、炭水化物を分解する力が強力ですし、発酵食品に含まれる酵母菌は、腸内で糖を分解する働きがあり、消化をサポートします。これらの菌を含む発酵食品を摂取することで、体内の酵素の消耗を減らすことにもつながると考えられます。

また、酵母はそれ自体にも、たんぱく質やアミノ酸、ビタミン、ミネラルといった体に必要な栄養素が豊富であり、また、腸内細菌の善玉菌のエサにもなるので、腸内環境を良くしてくれる働きがあります。

日々の食生活の中で、じょうずに酵素や発酵食品・酵母などを取り入れることが、腸内環境を整えることがインナービューティへの近道かもしれませんね。
腸内環境をよくするために、酵素・酵母を外から取り入れる

おすすめ記事

★腸内環境と肌は繋がっている!肌荒れも美肌も腸しだい
https://content.mdc.co.jp/detail_65.html
腸内環境と肌荒れ、肌の調子には、密接な関係があります。
腸内環境が悪化すると、腸内に棲む細菌は体に有害な物質を作り出し、それが血液を通じて全身に回るため、肌荒れを引き起こすと…more


★腸内環境を整える食べ物で、腸内環境の改善を目指しましょう
https://content.mdc.co.jp/detail_115.html
腸内環境を整えるにはまずは食べ物から見直しましょう。
なぜなら、日々の食べ物が、腸内環境に大きな影響を及ぼしているからです。どのような食べ物に腸内環境を整える働きがあるのか、…more