「酪酸菌」とは、大腸のエネルギー「酪酸」を作る唯一の細菌


酪酸菌とは大腸に存在する腸内細菌で、酪酸を作り出す細菌の総称です。

酪酸菌は大腸内で食物繊維を分解し酪酸を作ります。
酪酸は、肥満予防効果や免疫機能を整える効果のある短鎖脂肪酸のひとつです。
酪酸は、大腸が活動するエネルギー源でもあり、腸内環境を整える働きもあります。

健康維持の腸内細菌として注目されている酪酸菌について、詳しく見ていきましょう。

「酪酸菌」は腸内に棲む腸内細菌のひとつ

酪酸菌は、腸内環境を整える働きをする腸内細菌のひとつです。
「酪酸菌」は、1種類の菌の名前ではなく、酪酸を作る菌の総称として「酪酸菌」と呼ばれています。

腸内には100兆もの細菌が存在しており、人体に良い影響を及ぼす「善玉菌」、有害物質を作り出す「悪玉菌」、勢力の強い方の作用が強くなる「日和見菌」など、人体に様々な作用を及ぼす菌が棲んでいます。

腸内に棲む乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌は、健康維持に不可欠な短鎖脂肪酸を作り出します。
腸内で作られる主な短鎖脂肪酸は、酪酸、酢酸、プロピオン酸です。
酢酸はビフィズス菌でも作り出せますが、酪酸を作れるのは酪酸菌だけです。乳酸菌やビフィズス菌は、酪酸を作ることができません。

酪酸は、有害物質を作り出す悪玉菌の発育を抑制する働きがあり、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が棲みやすい腸内環境になります。
また、酪酸はそのまま大腸のエネルギーとなります。腸内環境をよくするためには、酪酸を作り出すことが必要なのです。

「酪酸菌」を大腸で増やすには

酪酸菌を食品と摂取しようとすると、酪酸菌を含む食品は、ぬか漬けや臭豆腐といったものしかなく、非常に限られるため、継続的に摂取するのは簡単ではありません。
酪酸菌を増やしたい場合にはサプリメント等を利用するのが良いでしょう。

また、酪酸菌だけを増やしても、酪酸菌が大腸でよい活動ができなければ、腸内環境はよくなりません。
酪酸菌の活動をよりよくするために、酪酸菌の好む食材を日々の食事に取り入れるのも一つの方法です。
腸には食物繊維がよいと以前より言われていますが、腸内細菌は水溶性の食物繊維を好みます。
水溶性の食物繊維は、海藻類や果物に多いので、そういった食材を積極的に食べるのがよいでしょう。

そもそも食物繊維の1日の摂取量は足りていないといわれていますので、まずは食物繊維の多い野菜などをしっかりと取り入れ、そのうえで水溶性の食物繊維を意識して摂りましょう。

こちらの記事もおすすめ

★腸内環境と肌は繋がっている!肌荒れも美肌も腸しだい
https://content.mdc.co.jp/detail_65.html
腸内環境と肌荒れ、肌の調子には、密接な関係があります。
腸内環境が悪化すると、腸内に棲む細菌は体に有害な物質を作り出し、それが血液を通じて全身に回るため、肌荒れを引き起こすと…more


★腸内環境を整える食べ物で、腸内環境の改善を目指しましょう
https://content.mdc.co.jp/detail_115.html
腸内環境を整えるにはまずは食べ物から見直しましょう。
なぜなら、日々の食べ物が、腸内環境に大きな影響を及ぼしているからです。どのような食べ物に腸内環境を整える働きがあるのか、…more